上野屋蒲鉾と和江の歴史 その参

日本海で獲れた地魚、ここ和江港(島根県大田市)で水揚げされるトラハゼを原料とした手づくりのかまぼこ。上野屋の職人は天然の素材や味にこだわる人にも喜んでいただける製品造りを目指し、日々努力を重ねております。どなたにも「美味しい」といっていただける蒲鉾を全国にお届けしたいという願いからホームページを立ち上げました。

ここでしか、造れない。地元の素材にとことんこだわってできあがる「上野屋かまぼこ」の味

HOMETopicsサイトマップ

商品一覧お買い物ガイド

上野屋蒲鉾店の商品紹介

ストかまぼこ(すまきかまぼこ)

野焼きかまぼこ

天ぷら(揚げかまぼこ)

ご贈答好適品

上野屋蒲鉾店の商品一覧

かじか農園のわさび

原醤油の再仕込み醤油

かまぼこのおいしい食べ方

Topics

プレゼント企画(終了しました!)

かまぼこレシピ!

お客様の声

上野屋のかまぼこができるまで

上野屋蒲鉾店と和江の歴史

上野屋のかまぼこができるまで

   和江の漁法と競り

   冷凍すり身を作る

   かまぼこを作る

   野焼きかまぼこを作る

   天ぷらを作る

かまぼこのうんちく

トラハゼってどんな魚?

   トラハゼ

   かまぼこの原料魚

   冷凍すり身の話

かまぼこの種類と歴史

   全国かまぼこ製品マップ

   かまぼこの分類表

   かまぼこのいろいろ

   かまぼこの歴史

かまぼこの豆知識

   練り製品とは

   かまぼこの栄養価

   かまぼこの足って何?

   「すり身」の語源

   かまぼこ板の話

   野焼きの話

   「かまとと」って?

かまぼこ製品Q&A

ショッピング

お買い物ガイド

ご注文方法と確認について

ギフト対応・梱包について

特定商取引法に基づく表記

  返品・交換について

発送・配送方法について

  送料について

お支払い方法について

買い物カゴの中身を確認する

会社概要

会社案内

スタッフ紹介

プライバシーポリシー

  └セキュリティについて

工場長のブログ

サイトマップ

LINK

お問い合わせ


営業カレンダー

 

2008年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2008年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

 

日曜日・祝日

製造・発送業務はお休みです。

 

工場長:土江 元生(つちえ もとき)

工場長:土江元生(つちえもとき)の写真

 

ストかまぼこ(すまきかまぼこ)へ野焼きかまぼこへ天ぷら(揚げかまぼこ)へご贈答好適品へ

 

上野屋かまぼこと和江の歴史

 

上野屋かまぼこと和江の歴史 その参

その壱その弐その参その四その五その六

元吉の妻、イサ(工場長のおばあちゃんです)の時代に、上野屋は商売の転機を迎えます。

イサおばあちゃんは上野屋をそれまでのかまぼこも売る魚屋ではなく、かまぼこだけを作る上野屋蒲鉾店に変えました。

 

イサおばあちゃんは本当に働き者で、元吉の辿った道のりをやはり大八車を引いて行商に歩くという細腕ながらたくましい女性でした。


三益愛子のイラスト三益愛子主演の「荷車の歌」という映画がありますが、実は三益愛子と一緒に撮った写真があったのだそうです。あいにく引越しの際になくしたそうで今は残っていません。

 

お見せできないのが本当に残念ですが、もんぺ姿に手ぬぐいを掛け、大八車を引いて行商に歩いていた当時のことを、「あの映画のモデルは私だよ。」と自慢げに話してくれたそうです。

 


時代はさらに移り、三代目イサおばあちゃんから、工場長の両親に代が変わり始めた昭和40年頃、かまぼこ業界に革新的な製品が誕生しました。

それは冷凍すり身です。

冷凍すり身とはスケトウダラをはじめとする魚を海上、もしくは陸上でかまぼこ用のすり身に加工した製品です。このすり身の特徴は製品にしたときの弾力の強さと保管の長さです。2〜3年の冷凍保管が可能でした。

 

時化(シケ)が自慢の日本海、その当時の和江の船といえば今のように大きな船ではなく、小さな小舟でしたのでちょっとでも白波が立てば海に出ることはできませんでした。そうなればもちろん、かまぼこは作れません。

 

時を同じくして大田市内に大型スーパーできると、かまぼこを常時供給することが必要になってきました。その後、大田市内に何件ものスーパーがオープンし、かまぼこの需要はたちまち増えてきました。

 

ですので、海が時化ても毎日かまぼこを製造しなければならなくなりました。当時の上野屋には冷凍すり身は非常に魅力的な製品でした。そこで、上野屋でもこの冷凍すり身を少しずつ使い始めるようになりました。

 

しかし、冷凍すり身には長期保存という長所もあれば欠点もありました。それは魚の風味が失われていることと弾力が強すぎることです。

上野屋が作り続けてきたかまぼこは魚の風味のしない弾力だけのかまぼこではありません。地魚独特の風味と味、そして柔らかだけど噛むごとに魚の味がジュワッと出てくるかまぼこです。  

>>上野屋かまぼこと和江の歴史 その四へ

 

 

お買い物が初めての方、不安な方へお買い物ガイド

かまぼこ製品Q&A かまぼこの豆知識へ かまぼこの種類と歴史へ トラハゼってどんな魚?へ

上野屋蒲鉾店がオススメする蒲鉾と相性のよい最適な醤油を発見しました。おいしいわさびの販売を始めました!ご一緒にどうぞ!!

「お客様の声」到着! ご意見・ご感想をいただきましたq   毎日奮闘中! 上野屋のかまぼこができるまで

上へ戻る

 

あなたの「食べたい」すぐに満足!ネットで注文する「販売商品一覧へ」FAXで注文する「専用用紙はこちら」電話で注文する

上野屋蒲鉾店

〒694-0031

島根県大田市静間町和江311-1

TEL:0854-84-8121

HOMEストかまぼこのやきかまぼこ天ぷら(揚げかまぼこ)ご贈答暮好適品商品一覧かじか農園のわさび

上野屋蒲鉾店と和江の歴史上野屋のかまぼこができるまでTopicsプレゼント企画かまぼこレシピお客様の声

お買い物ガイドご注文方法と確認について特定商取引法に基づく表記発送・配送方法について送料についてお支払方法について買い物かごの中身を見る

トラハゼってどんな魚?かまぼこの種類と歴史かまぼこの豆知識かまぼこ製品Q&A

会社案内スタッフ紹介プライバシーポリシーセキュリティについて工場長blogサイトマップLINKお問い合わせ

Copyright(c) Uenoyakamaboko, All Rights Reserved
Produced by NEO-LINK