上野屋蒲鉾店のストかまができるまで -水晒し-

日本海で獲れた地魚、ここ和江港(島根県大田市)で水揚げされるトラハゼを原料とした手づくりのかまぼこ。上野屋の職人は天然の素材や味にこだわる人にも喜んでいただける製品造りを目指し、日々努力を重ねております。どなたにも「美味しい」といっていただける蒲鉾を全国にお届けしたいという願いからホームページを立ち上げました。

うん。今日もいいものができたな!てまひま惜しまず、毎日真剣勝負。その一瞬を見極める

HOMETopicsサイトマップ

商品一覧お買い物ガイド

上野屋蒲鉾店の商品紹介

ストかまぼこ(すまきかまぼこ)

野焼きかまぼこ

天ぷら(揚げかまぼこ)

ご贈答好適品

上野屋蒲鉾店の商品一覧

かじか農園のわさび

原醤油の再仕込み醤油

かまぼこのおいしい食べ方

Topics

プレゼント企画(終了しました!)

かまぼこレシピ!

お客様の声

上野屋のかまぼこができるまで

上野屋蒲鉾店と和江の歴史

上野屋のかまぼこができるまで

   和江の漁法と競り

   冷凍すり身を作る

   かまぼこを作る

   野焼きかまぼこを作る

   天ぷらを作る

かまぼこのうんちく

トラハゼってどんな魚?

   トラハゼ

   かまぼこの原料魚

   冷凍すり身の話

かまぼこの種類と歴史

   全国かまぼこ製品マップ

   かまぼこの分類表

   かまぼこのいろいろ

   かまぼこの歴史

かまぼこの豆知識

   練り製品とは

   かまぼこの栄養価

   かまぼこの足って何?

   「すり身」の語源

   かまぼこ板の話

   野焼きの話

   「かまとと」って?

かまぼこ製品Q&A

ショッピング

お買い物ガイド

ご注文方法と確認について

ギフト対応・梱包について

特定商取引法に基づく表記

  返品・交換について

発送・配送方法について

  送料について

お支払い方法について

買い物カゴの中身を確認する

会社概要

会社案内

スタッフ紹介

プライバシーポリシー

  └セキュリティについて

工場長のブログ

サイトマップ

LINK

お問い合わせ


営業カレンダー

 

2008年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2008年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

 

日曜日・祝日

製造・発送業務はお休みです。

 

工場長:土江 元生(つちえ もとき)

工場長:土江元生(つちえもとき)の写真

 

ストかまぼこ(すまきかまぼこ)へ野焼きかまぼこへ天ぷら(揚げかまぼこ)へご贈答好適品へ

 

上野屋のかまぼこができるまで

 

 冷凍すり身を作る

 (4)水晒し(みずさらし)

水晒し(みずさらし)、読んで字のごとくですが、潰した身を水で晒す作業です。


大きなバケツに潰した魚の身と、魚の身の何倍もの水を入れてかき混ぜます。そして、バケツの中が落ち着くまで待って、バケツを傾けて水をゆっくりと流します。すると、バケツの中には晒された魚の身が残ります。この作業をかまぼこ屋さんでは『水晒し』と呼んでいます。

 

『魚の身を水で晒す』、と聞いて驚かれる方も多いと思います。ご家庭でそんな料理はありませんよね。

 

でも、この『水晒し』ほどかまぼこを語る上ではずせない作業はありません。 それは、

水晒しがかまぼこ独特の弾力と白さ、すり身にしたときの冷凍保管に関係するからです。

みなさんは魚の体がどんな成分で出来ているのかご存知でしょうか?簡単に言えば血と骨と身です。そしてかまぼこ作りに必要なのは魚の身の部分です。

魚の身をさらに詳しく分けると、筋肉(タンパク質)、脂肪、スジなどから出来ています。そして、

かまぼこ独特のプリプリ、しこしこの弾力は魚の筋肉(タンパク質)が作り出します。

かまぼこ造りの要!水さらし これは奥が深い・・・ではここで、話しを水晒しに戻します。
『水晒し』ですが、なんと大正時代以前のかまぼこ屋さんでは行なっていなかったそうです。それでは、なぜ水晒しを行なうようになったのでしょうか?

 


それは、鮮度の落ちた魚の臭いをとるために始まったそうです。

 

まだまだ氷が高価で漁船の冷蔵設備、陸上での運搬設備が整っていない時代でしたので、時期によっては魚が傷み、臭いをもつことがありました。

 

そこで、魚の身を軽く水に流す程度に晒して臭いをとっていたそうです。

 

その後の研究の結果、水晒しをすることでかまぼこの弾力を作るタンパク質が残ることも分かりました。

 

魚の身を水の中でかき混ぜるので、水の中で筋肉(タンパク質)と脂肪などが分離され脂肪は水面に浮かび上がります。脂肪はすり身を冷凍保管する上で劣化の原因となるので、脂肪が取り除かれることは魚の身の品質を保って長く冷凍保管出来ることにつながります。

 

ですので、

水晒しをすればするだけ、かまぼこに強い弾力を生み、さらに長く冷凍保管できる魚の身(タンパク質)が残ることになります。

おまけに魚の身を洗うわけですから色もどんどん白くなります。

というわけで、元々魚の臭いをとるために始まった水晒しは、今ではかまぼこに強い弾力を持たせるため、長期の冷凍保存性をすり身に持たせるためにかまぼこ屋さんで行なわれるようになりました。

 

でも、水晒しを何度も繰り返すと魚の旨みや風味も洗い流されるので、味のしない、弾力が強いだけのかまぼこになってしまいます。
それは、本当に旨いかまぼこなのでしょうか?

 

上野屋は、それが本当に旨いかまぼこだとは思いません。

かまぼことは、やはり魚の風味と旨みがあってなんぼのもんです。そして、かまぼこの弾力とは堅すぎず適当な柔らかさがあって初めて、魚の風味、旨みを感じられる歯応えとなり、のど越しとなって体が感じます。

この風味・歯ごたえ・・・上野屋の想いを体感して欲しい!毎日毎日、自分が作ったかまぼこを食べ続けてきたから気づいたのですが、同じ材料でかまぼこを作っても出来上がったかまぼこの弾力が違えば味が変わってきます。


それで学んだのが、「歯ごたえ、のど越しの違いでかまぼこの味が変わる。」という上野屋のかまぼこ哲学です。

上野屋の作りたい、みなさんに食べていただきたいかまぼことは、しなやかで優しい歯ごたえと気持ちの良いのど越しから、魚の風味と旨みを体が感じるかまぼこです。

それは魚の風味のしない弾力だけのかまぼこが当たり前となった業界に、時代に逆らうものです。けれども、これが上野屋のかまぼこ作りです。

それでは、ここからは上野屋で行なっている『水晒し』をお話します。

上野屋では自家製すり身に魚の風味と旨みを残すために、水晒しで入れる水の量を減らして、晒しの回数も1回しか行なっておりません。

最初に説明させて頂きましたが、上野屋で使う魚は地元、和江港で水揚げされた鮮度抜群の魚です。もちろん傷んだ魚の嫌な匂いはありません。そして、魚の活きが良ければかまぼこにしたときに決して堅すぎないしなやかな弾力が生まれます。

 

上野屋で原料とするトラハゼやレンコ鯛は9〜12月にかけて脂がのって、身も締まってきます。夏に揚がるアジやアゴは独特の風味がします。

魚の種類、時期、鮮度によって変わる身の微妙な違いを、工場長が晒した身を手にとって、バケツをかきまぜる竹棒から感じながら晒しの按配(あんばい)を決めていきます。

井戸水水晒し攪拌しているところ

攪拌しているところ上澄み(脂や血)を捨てているところ

 

>>冷凍すり身を作る 脱水・ミンチの工程へ


各作業工程へ

上野屋のかまぼこができるまで
●冷凍すり身を作る
3.水晒し
●かまぼこを作る
●包装

お買い物が初めての方、不安な方へお買い物ガイド

かまぼこ製品Q&A かまぼこの豆知識へ かまぼこの種類と歴史へ トラハゼってどんな魚?へ

上野屋蒲鉾店がオススメする蒲鉾と相性のよい最適な醤油を発見しました。おいしいわさびの販売を始めました!ご一緒にどうぞ!!

「お客様の声」到着! ご意見・ご感想をいただきましたq   毎日奮闘中! 上野屋のかまぼこができるまで

上へ戻る

 

あなたの「食べたい」すぐに満足!ネットで注文する「販売商品一覧へ」FAXで注文する「専用用紙はこちら」電話で注文する

上野屋蒲鉾店

〒694-0031

島根県大田市静間町和江311-1

TEL:0854-84-8121

HOMEストかまぼこのやきかまぼこ天ぷら(揚げかまぼこ)ご贈答暮好適品商品一覧かじか農園のわさび

上野屋蒲鉾店と和江の歴史上野屋のかまぼこができるまでTopicsプレゼント企画かまぼこレシピお客様の声

お買い物ガイドご注文方法と確認について特定商取引法に基づく表記発送・配送方法について送料についてお支払方法について買い物かごの中身を見る

トラハゼってどんな魚?かまぼこの種類と歴史かまぼこの豆知識かまぼこ製品Q&A

会社案内スタッフ紹介プライバシーポリシーセキュリティについて工場長blogサイトマップLINKお問い合わせ

Copyright(c) Uenoyakamaboko, All Rights Reserved
Produced by NEO-LINK